OFFICE風太郎

日本のエンジニア、風太郎です。問題解決が飯のタネです。仕事や生活で問題解決を活用したり、問題解決の基礎となる統計とかデータ分析の話をしていきます

知恵は分ければ増えるもの(Wikipediaへの課金?)

分ければ減る、分ければ増える

 お金は分けると減る、知恵は分ければ増える
と考えている風太郎です。とはいえ、なにをやるにしてもリソース(資材、人材)は必要です。 それを集める方法は広告だったり、無償と商売を混ぜたり(フリーミアム等)、寄付を募ったりしています。
その労力だけをあつめることもあります。
 今回はWikipediaに課金(サイトでは寄付と表現)したのでそれについて書いてみます。

Wikipediaに課金する訳

 仕事やプライベートではWikipedeiaに世話になっています。このブログでもリンクは何度も貼っています。 これは風太郎だけでなくて、いろいろな人が用いているようです。ある大学の先生から次のように伺いました。(やや盛っています)

  • 先生「毎年ちゃんと教えているのに、なぜか学生が同じ間違いをする、教え方の何処が悪いんだろうか?」
  • 助手「先生!原因がわかりました!」
  • 先生「え?わかったの?どういう原因???」
  • 助手「はいWikipediaに間違ったこと書いていました」
  • 先生「・・・・・」

 最近はQiitaなどもいろいろなサイトがあり、一時期ほどではないと思いますが、Wikipedeiaが貴重な集合知の場所であることは間違いないでしょう。 これがなくなったら困るから、課金することにしました。
 好きなものを維持するためには、しっかりと支えないといけないと思っています。

類似の経験

 あるコミック雑誌を読んでいたら、連載が終了した作品がありました。一言「好きな漫画が連載終わっちゃった」というと次のようなことを言われました。
「好き?連載が終わった?じゃ、好きな漫画が連載続けるようにしたのか?」
「雑誌を買って、アンケートに書いたのか?」 「単行本買ったのか?」
「好きな漫画が続けられるように、何の努力をしたのか?それが足りなかったから連載が終わったんだろう」
ということです。確かに必要なもの、好きなものを維持し続けるためには「養分上等!」という態度で挑まなければいかなかったのでしょう。

なぜ課金と表現したか?

 寄付-wikipedia-というと無償で提供することになります。 しかし、無償というつもりはなくて、前述のように必要なものを維持するために支払いをします。だからゲームのように課金と表現しました。

いくら課金する?

 上記のように必要だから課金します。ということは他の課金しているものとの活用度の違い+お金を払えない人(学生)などの分を考えて金額を決めました。  具体的に比較したのはOffice365やDropboxなどのクラウドサービス、KindleUnlimitedやゲームに行っている課金金額です。いくらはここでは述べません。Wikipedeiaでは自分の任意の金額を課金することができます。

Wikipedeiaだけ?

 Wikipedeia以外で、寄付が活動の中心というとFSFフリーソフトウェアファウンデーション)でしょう。多くの人は知らないとおもいますが、ネットに接続している以上は絶対どこかでこの団体のお世話になっているはずです。 ここもいろいろお世話になっているので年に1回程度は忘れなければ寄付をしています。

最後に
 これはあくまでも風太郎のポリシーです。誰かに強制したり、課金しないのがいけないことという気は全くありません。

料理の問題解決 唐揚げの衣が落ちるのを防ぐ(&ごま油の匂をつける)

大好物は唐揚げ

 好物は何?と聞かれると「唐揚げ」「カレー」「オムライス」「ハンバーグ」と答えます。大体この答えをいうと”苦笑”されます。
ブログでも

【問題解決・品質向上】唐揚げに見る技術革新による品質向上 - OFFICE風太郎

【問題解決・品質向上】唐揚げの品質向上を考察してみる - OFFICE風太郎

という感じで唐揚げにこだわっています。

今回の問題

 前回の話のように唐揚げの中に火が通るようにはなりました。一つ解決すると次が気になるものです。これをたゆまない改善と呼ぶか、細かい拘りというかは人によって違うでしょう。目標は”料理屋で売っているような唐揚げ”とでもしましょうか?
 今回の問題は「衣が剥がれてしまう」ということなので、目標は未達と考えます。

原因の推定と対応案

 衣が剥がれるのは簡単に言えば
衣の接着強度<衣にかかる力  と言えます。
衣にかかる力を少なくする手段として、菜箸を使わずに、網状のお玉のようなものですくったりもしています。それでも、はがれてしまうので対策案として衣の接着強度を上げる方針で行くことにします。
 さて、その時のアイデアを練ります。アイデアを練る時はいつも「TRIZの発明原理」を考えます。書籍なども出ていますが、大体その場でググった方が早いですね。
今回は、「さぁ、検索しようか?」と思ったとたん思いつきました。(思い出しました)以前聞いたレシピで「卵の黄身とごま油」を混ぜて放置する。というのがあったのです。これは使える!と思いました。
 それって「エマルジョン(乳化)」じゃない?と思ったのです。エマルジョン化することにより、本来混じらない水と油が混ざります。その時にできる親油基が油との相性が良くなります。これは使えると考えました。風太郎は化学の専門ではないため、ひょっとしたら間違っているかもしれません。しかし、失敗したからって悪化するとは思えないので試してみました。

レシピと結果

 次の手順です。

  • 卵の黄身をボウルに入れる
  • ごま油をそこにいれる
  • 十分混ぜる
  • 鶏肉をいれて放置する

 その後今まで通りに唐揚げを作りました。結果としてうまく衣が剥がれず唐揚げが出来ました。「成功」です。 油と黄身の順番など悩むところもありますが、とにかく成功しました。

うまくいった理由を考える

 今回うまくいったのは、そのレシピを聞いたときに「エマルジョン」ということを思いついたからです。そして、なぜ衣が剥がれるか?をよく考えているときに「表面の油じゃないか?」ということと「エマルジョン」が結び付きました。 その結果として今回の対策に至りました。

出ない神〇より出るクソ〇 考えても実行しないことの罪と考え方の切り口

決めないのが一番悪い

 考えて、考えて、考えて、その結果行動しないことがあります。 しかし、やらなければいけないことはタイミングよく実行することが大事です。 風太郎がよく言うのは
「ビジネスにおいて、前がT字路なことはよくある、その時は決めないことが一番悪い!」
と説明しています。 ここでビジネスという言葉を使いましたが、風太郎の専門の「問題解決」っていう言葉がふさわしいかもしれません。

以前に

  • ある程度準備不足のまま、すぐに手を打つか?
  • しっかりと準備してから、手を打つか?

 という議論がありました。いろいと検討しているうちに

  • 時間が経ったので、準備不足のまま手を打つことになってしまった

 などということもあります。
 常に「もっといい方法、やり方ないか?」と考えるのはいい事です。 ”問題解決”においてもこれが大事なんです。現状に満足していければ、それを問題ととらえられません。
 しかし、考えすぎてなんの価値も生み出さないは罪でしょう。

最近の心に響く言葉

 話は変わって技術書典のことです。
 今回は諸事情により技術書典に行くことができませんでした。 でも興味はあるので、「どんな本あるか?」ってチェックしていきました。 興味持った本の一つが次の本です。

nekopunch.hatenablog.com

 この中で「出ない神本より出るクソ本」という言葉がありました。 最初の事例のような経験をしているので、この言葉が心に響きました。
時と場合によりますが、あれこれ悩むよりやってみることがいい場合も多いでしょう。

実行時に考えること

 と、いいところで終わらずについ考えてしまうのが風太郎です。 微妙に言っていることと、やっていることが違いますね。まずやってみた方がいい時ってどういうときでしょうか? ちょっと考えてみます。

  • A案、B案、なにもしないと考えた時に何もしないのが一番損失が大きくなる。
  • 着手することで次が見えてくるとき「着眼大局、着手小局」という言葉があるらしいです。そこまでいかなくても、まずやってみないことにはわからないことも多くあります。
  • わずかにやることによって、大きく前に進むか?0でなければいいということもあります。時間をかければかけるほどいいものになりますが、無限の時間はありません。少しやるだけで大きく進むことはやるべきです。 逆にやらないときはどういうときでしょうか? 物事には優先順位というものがあります。その優先順位から考えることは当然として、そのほかにはどういうことが考えられるでしょうか? 本来の使い方とは違いますが、抵抗の6階層を元に考えてみます。

元ネタ: 思考プロセス | Solution | TOCをベースにしたコンサルティング、ゴール・システム・コンサルティング株式会社

  • 問題の存在に合意しない → そもそも問題でない
  • ソリューションの方向性に合意しない → 方向性が間違ってると考える
  • ソリューションが問題を解決できると思わない → 手段が正しくない
  • ソリューションを実行するとマイナスの影響が生じる → リスクが大きい
  • ソリューションの実行を妨げる障害がある → コストや手間がかかる
  • その結果起こる未知のことへの恐怖 → 知らないことだから心配

 やや、一般的にでわかりにくいですね。こういうことは「切り口」ともいいます。確か海音寺 潮五郎著の「孫子」の中に一般的な言葉で書くと具体的にわからなくなるという表現があったと記憶しています。手法や考え方はそなうなりがちです。
 この話でも、方向性と手段の違いってなに?とか障害と恐怖など微妙に似た言葉があります。 人に説明するときはこれらを明確にしないといけません。 しかし、自分で行うときは習うより慣れろです。 こういう切り口を使い続けることにより身について、うまくやれるようになると思います。

結局は?

 いろいろ観察してると人によってどうするか違うようです。悩んで動けない人はさっさとやる、さっさとやって失敗する人は少し考える。ただ、周りを見ていると考えすぎて行動しない人が多いように思われます。
 上記の切り口は風太郎の考え方なので、人によって自分に合う切り口を見つけ出すのが大事だと考えます。

AndroidでSDカードマウントはお勧めしない

一か月使ってみて

futaro.hatenadiary.jp

Androidの容量不足の対策として、SDカードのマウントについて言及しました。
前回は「あまりお勧めできない」としましたが、今回は
 つよく「お勧めできない」と結論付けします。 どうしても内部ストレージが足りないときに使うべきと判断しました。しかも下記に示すように今一つ効果を感じられません。

SDカードマウントで発生したこと

下記のようなことが発生しました。

  • 移動させたけどあまり内部ストレージが減っていない(理由不明:何か使い方に問題ある?)
  • 電源入れた後、マウント先に移動させたソフトが使えない
  • ソフトの使用に時間がかかるものが多い。(アプリにより異なる)
  • カメラがメモリーエラーで使えない

 ということでした。

結論と実施項目

 アプリをすべて内部ストレージに戻して、SDカードを外部ストレージとしてフォーマットしました。要するに元通りにしたということです。




だれかの参考になるかと思いアップしました。

想定外と想定以上ー品質工学の損失関数ー

やっぱり田口玄一って天才じゃない!?

 昨今はやりのAI機械学習を仕事に使っていると。品質工学(タグチメソッド)で勉強したことが思い出されます。 手法そのものは基本的なコンセプトがコンピュータ普及以前の時代に考えられています。そのため、シンプルなものが多くなっていますが、いまだ使えることも多いです。
また、手法面より考え方がすごく使えますね。今日はその品質工学の基本の「損失関数」について考察してみます。

損失関数

 損失関数はかつて品質工学の書籍の最初に載っていました。損失関数→動特性→静特性とい順番が多くなっていました。 詳しくは述べませんが、「この順番めっちゃくちゃわかりにくいよね?」と意見が多くなって、静特性→動特性(損失関数は省く)という傾向が多くなってきたようです。
 ではなぜかつての書籍はこのような順番になっていたのでしょうか?これは品質工学の考え方の基本の順番になっているからだと考えます。
品質工学についてはいろいろ論じたいことがあるので、まずこの損失関数について考えたいと思います。

損失関数って何?

 ある基準値を守っていればいいというものではなく、基準内でも「いいところを狙って」いけばよいことがある。基準を超えても急に悪化するのは悪い設計だ。ということです。
もう少し例をあげてかみ砕いてみると

  • ルールを守っていれば何してもいいわけじゃない。ルール以上のことをすることは素晴らしい
  • ルール破ったからどうなっても知らないという発想はダメよ

 ということです。これが社会全体の話として考えるのが損失関数のポイントです。ルールを超えたら罰を受けるのではなくて、社会全体の損失があがるということです。 例えとしてはやや不適なので別の例をあげます。

ダムの例

 大昔にある少年がダムに見学にいきました。その時に説明した大人はこう言っていました。

  • 大雨の量は計算できる
  • このダムは最大の雨が降っても問題ないように設計されている

それに対して少年はこう質問しました。
「計算以上の雨が降ったらどうなるの?」
その問いかけに対して大人は
「最大で計算しているからそれ以上の雨は降りません」
という回答でした。その子供は納得できませんでした。あえて何度も問いかけましたが回答は変わりませんでした。
その子の問いかけは「計算がすべて当たるわけではない、それが外れた時どうなるの?」ということです。 その場でその問いに答えてもらうことができませんでした。
 そして、その数十年後、長じてエンジニアとなった風太郎は品質工学でその回答を考えるための方法に出会いました。

損失関数の考え方とその応用

 損失関数は製造工程の考え方という説明が多くなっています。しかし、田口博士は「社会損失」という言葉を使っているので、社会損失の面から考えます。

ダムに対して想定雨量以上の雨が降った場合どうなるか?

 具体的には風太郎にはわかりません。しかし、その場合どうするか?考えることが大事だ!ということはできます。「想定以上の雨が降ったから決壊しました」では済まされないということです。 もし、そのようなことを考えるエンジニアは処罰されるべきでしょう。
 想定以上の雨が降った場合にどのような被害があるか?それを軽減するにはどうしたらいいか?あらかじめ設定しておくことが大事になってきます。

そのほかに想定される例

 例えばスマホの充電器です。昔の充電器は電流が少ないものがありました。実際「やらたら充電に時間かかるんだけど?」と相談されて、その充電器の電流値を見ると非常に小さいものでした。 そのために充電に時間がかかったのです。
一見「一見当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、想定以上の電流値を要求された場合に、発熱や発火にならないように設計されているということです。ちゃんと設計しないと発火など発生してしまうかもしれません。

さらなる応用

 前述の例は「数値」として表した例です。そのほか使われ方の想定以上(ルール破り)やノイズも考えるべきでしょう。いま思いついたのは下記のとおりです。

  • 回転中に洗濯機の蓋を開けようとしても開けられない。(昔の洗濯機は開けることができて脱水中に手を入れると骨が折れる可能性あり)
  • 扇風機のカバーは指が入らないような隙間(昔は簡単に指が入りました)
  • ヒータにはリモコン機能を付けない(ノイズにより意図せず電源が入る可能性があります)

 など無数にあります。

It's common seance(そんなの当たり前だろう!)

 上記のようなことは「そんなの当たり前だろう」と言われることばかりです。まさにその通りで損失関数という言葉を知らなくてもできます。しかし、どのような場合でも出来ているわけではないので、「損失関数」とわざわざ言う必要があったと考えます。

【品質管理】品質管理とは偏執的なもの?

ゴブリンスレイヤーをみて思うこと

 しばらく前のアニメでゴブリンスレイヤーというものがありました。結構面白かったです。あまりラノベは買わないのですが今回購入しました。ラノベを購入しないのは500円ほど出して30分程度で読み終わるという高価な娯楽だからです。珍しく購入した理由は主人公のキャラ付けが気に入ったからです。
 たまたま操作ミスで2話から見ました。これが運命の分かれ道です。オープンニングが終わって、視聴者サービスシーン(?)のあと、主人公はひたすら何かを調べています。これはゴブリンが来るかどうかというチェックをしているのです。このことは主人公が”変わった人”ということを表現しています。
 「けどなー、品質管理ってこんな感じなんだよなー」と思ったのがこのアニメを見始めた理由です。このシーンを見なくて一話から見たとしたら見続けていたかどうかわかりません。

品質管理とは検査にあらず

 品質管理という仕事があります。品質上の問題もあります。その多くはつまらないミスが原因です。通常は、ミスがあったとしても食い止めるシステムがあります。
 しかし、そのシステムが働いていないことが、そのミスを品質不具合としてしまったのです。
 品質管理というと検査をやっているといわれることがあります。しかし、検査で品質は上がらないのです。 品質管理部の仕事というのは良い品質が確保できる仕組みづくりと、その維持、そして仕組みの改善です。その仕組みの一つに検査があるわけです。
仕組みがうまくまわっているとどうなるか?検査で問題ありというものが発見されません。

なぜ検査しているのか?

 その仕組みが回っている限り、検査で問題あるものは出てきません。その中で検査の意味は二つあります。

  • 万一その仕組みに問題が発生したときに見つけ出すこと
  • その仕組みがうまく回っていることを確認し続けること(管理ともいう)

 人によっては前者を検査、後者を管理という人もいます。両方まとめて検査という人もいます。
また、その仕組みが出来てないときは全数検査を行って、仕組みが出来ているときは抜き取り検査と言って、何個かに一回の検査(測定)する。
という人もいました。
 以前見た製造ラインでは、仕組みがしっかりできている部分は抜き取り検査でした。とはいえ、それが組み合わせられると確率的に規格の範囲外に出る可能性がある。そこに全数検査を入れているところもありました。

検査のむなしさ

 前述のように、仕組みが出来上がっている場合にはいくら検査しても、問題が発生した製品を見つけることはできません。
前述の「ゴブリンスレイヤー」では主人公の変人さを表すために、毎日毎日ゴブリンが来るかどうかチェックしています。 これを実際の仕事で続けたらどうでしょうか?かなりむなしいと感じてしまいます。
 また、実際の仕事ではコストダウンの圧力を受けます。それと戦って検査を続けないといけません。
その戦いをあきらめて検査をやめてしまうと市場の問題、下手をすると会社が傾くような問題になってしまいます。  コストダウンの圧力と戦うことも品質管理部署の重要な仕事と言えるでしょう。

Omen15(15-dc1000TX )のSSD換装を行いました。

ブログ継続の難しさと楽なところ

 最近ブログ記事を書いていない風太郎です。ほんと継続って大変ですね、ほぼ毎日書き続けている方々には頭がさがります。
 しかし、楽なところもあります。それは大変さの裏側です。
簡単に再開できるんです
 久しぶりに書く時と、毎日書く時と全く同じなんですよね、今日もブラウザから「記事を書く」をクリックして始めています。 このように簡単に再開できるのもブログの魅力でもあります。

OMENの足りないところ

futaro.hatenadiary.jp

でパソコンを買ったことを記事にしました。 スペックを再掲します。

OMEN by HP 15 ハイパフォーマンスプラスモデル(15-dc1000TX ) 
i7(6コア 12スレッド) 16G RAM 256G SSD+1T HDD Videoチップは2070

CPU,メモリ,Videoチップすべてデスクトップ代替としてのスペックを最低限備えています。
問題と感じたのはストレージ容量です。「256G SSD+1T HDD」ですね。
HDDがあるから十分と思われるかもしれませんが、Cドライブじゃないと動かないソフトもあります。 そのほかもいろいろ不都合がありました。これは

futaro.hatenadiary.jp

でも同様の体験をしました。結局Cドライブ自体が大きくないと問題があるということです。
そこでこのサイトを参考にしてSSDの換装を行いました。

okiniiripasokon.com

【OMEN by HP 15-dc0000】底面カバーの取り外し方 | お気に入りHPパソコン

ほぼこの手順通りです。
このブログ記事は上記に対して主に次の点が加えられています。

  • 型があたらしい
  • 工具に対しても言及している
  • 将来のメモリ換装やHDD換装のための写真も撮ってある

それでは実際の換装を写真で説明します。

OMEN15(15-dc1000TX )SSD換装

準備物

  • OMEN15本体
  • 工具(ドライバ他)
  • SSD(任意の容量)
  • 32GUSBメモリ(事前にHPのサイトよりリカバリソフトをダウンロードしておくこと)

です。 準備した工具は下記の写真のものです。

f:id:FUTARO:20190804181747j:plain
今回購入したドライバセット
f:id:FUTARO:20190915124342j:plain
携帯電話の電池交換で使った工具(ドライバは使わない)
f:id:FUTARO:20190915124901j:plain
以前MacbookProのRAM換装のために購入した#0のドライバ

風太郎はドライバーはあまり安物は使いません。理由はねじの十字をつぶしてしまったら大変なことのなるからです。安物といっても今どき100円ショップでもそこそこの工具を購入することができます。
相手物に合わせて選ぶべきでしょう。上記の写真では携帯電話の電池におまけでついてきた、ドライバはだめです。
昔から(〇十年前の学生時代から)好きなのはVesselです。安い割にはモノがいいのでよく使っています。今回は、一番下のドライバでは力が入らないため、力の入る大きめグリップ付きの工具として重宝しました。
SSDは次の写真のものです。 f:id:FUTARO:20190804181741j:plain

購入したSSD
選んだのは 次の条件です

  • 1T以上(手元のMACが1TのSSDです。512Gでも足りそうでしたが、将来のLinuxデュアルブートを考えています)
  • M2 PCIe接続 ただし、その範囲で速度は妥協可能
  • 有名なメーカ

これらのことから決定しました。

中をばらして換装

基本写真を提示するのみです。コツは

  • 最初蓋を取るのはすごく硬かった。なにか間違えているのではないか?と思うほどだった。
  • ねじは種類があるので、場所を間違えないように置く。できればPCの絵をかいてそこに置く

といったところです。

f:id:FUTARO:20190915130810j:plain

裏側の全体写真
f:id:FUTARO:20190915130825j:plainf:id:FUTARO:20190915130839j:plain
SSD部分、白いところは固定のための粘着でしょうか?それとも冷却でしょうか?
f:id:FUTARO:20190915130846j:plainf:id:FUTARO:20190915130855j:plain
HDDはこのようについています。次回換装(たぶん、2TSSD)したいです
以上です。

換装してみて

 正直256Gでは、プログラムすら入れることが危ぶまれました。1Tにすると余裕です。また、将来Linuxデュアルブートを考えているので、MydocmentはHDD上に置いておきました。



参考にアマゾンの商品ページへのリンクを貼っておきます。(携帯電話の道具と#0ドライバは類似品です)

ベッセル(VESSEL) ドライバーセット ファミドラ8 TD-800

ベッセル(VESSEL) ドライバーセット ファミドラ8 TD-800

ベッセル(VESSEL) マイクロ ドライバー 精密 ネジ用 +0×100 9900

ベッセル(VESSEL) マイクロ ドライバー 精密 ネジ用 +0×100 9900